「男性不妊」を招く要因

男性側のに要因のある「男性不妊」の原因を因子別に、系統立てて紹介します。

造精機能障害

精子作る機能がない(失われている)、もしくは著しく低い症状であり
男性不妊症の「90%」がこの症状であると言われています。

ほとんどが原因不明な「特発性造精機能障害」であり、精巣だけの問題ではなく
「脳下垂体」や「甲状腺」といった器官から分泌されるホルモンの異常も考えられます。

無精子症

精液の中に精子が全く確認できない症状であり、造精機能障害の患者の10%がこれにあたります。

小児期の病気や環境によって、精子を作る機能が低下していることがあります。

特に、「おたふく」や「麻疹」などの「高熱」を伴う病気は
成人してからの発祥は重病になることが多く、精巣に異常をきたす確立も高まります。

精子輸送障害

精子が製造されているのにも関わらず、何らかの原因で精液に混ざらず、尿管から排出されない症状です。

閉塞性無精子症

精管が閉塞しているため、精子が精液に混ざらず
結果的に、精液中に精子が存在しない症状です。

逆行性謝精

精液が、尿管ではなく「膀胱」に逆流してしまう症状です。

精子自体は、正常に作られていたとしても
「精液」に混ざらないため、受精に至ることができません。

精子の運動率低下(精子妊孕性障害)

精子が製造され輩出もされるのに、卵子までたどり着けるほどの運動量を持たない症状です。

膣を通過することに耐えられないケースや、卵子に辿り着くも受精に至ることができないケースがあります。

射精障害

日常的なストレスや、糖尿病等といった「生活習慣病」による
「勃起障害」といった「性機能障害」も男性不妊症の1つとなっています。

これらに関しては、内分泌系の根本的な問題ではないため
生活習慣の改善や勃起薬の利用によって、比較的容易に克服することが可能です。

またタイミング法のプレッシャーからの、ストレスによる勃起障害もよくあるケースです。

男性不妊は女性不妊よりも、要因の種類(要素)自体は少ないですが
非常に複雑なものであり、根が深いものでもあります。

そのため、克服するための時間がよりかかることが多く
結果的に治療が長引くことが多いことも特徴的です。

特に男性器の機能が果たせなくなってしまう症状は、精神的な要因による影響が大きいものになります。

日常的なストレスによって、勃起障害を招くケースも多いですが
タイミング法のプレッシャーなども新たなストレスとなります。

「焦り」が一番の障害になる

この精神的な要因が起きやすいケースとしては、排卵日近辺に夫婦生活を行う際
「もしかしたら、うまくいかないかも」という気持ちや、実際にうまくいかなかった際の
精神的なダメージが重なり、負のスパイラルに陥ってしまうケースが非常に多いです。

そんな状態の時に最も効果的なことは、不妊治療(妊活)を休んでみることですが
休んだら休んだで更にプレッシャーに感じてしまう人もいます。

基本的に、男性側の体作りは

  • 規則正しい生活
  • 栄養のある食事
  • ストレスのの軽減

以上の要素で対策・改善していき、遺伝子的な問題がなければ早期に克服可能です。

「向き合う」ことで容易に克服は可能

しかし、機能的な部分はデリケートな要因も多く
なかなか相談できない・病院に行きたくないという方もいます。

結果的に男性側が克服したとたんに、あっさりと妊娠したというのも珍しくありません。

「恥ずかしい」という理由でためらっていては、タイミングを逃し続けることになり
機会損失を積み重ね続けパートナーも年を経ていき、余計に妊娠が難しくなります。

一刻も早く、克服のために行動し始めましょう。

不妊の悩みにもおすすめの妊活サプリ「umulin-ウムリン-」の効果と口コミ
タイトルとURLをコピーしました