妊活に悪影響を与えてしまう「子宮筋腫」の症状と原因

「子宮筋腫」とは、子宮内(周辺)に腫瘍(瘤)が発生する症状であり
それによって招かれる症状・トラブルは、様々なものがあります。

珍しい症状ではなく、5人に1人は経験すると言われており
特に30歳代に入ると増えてくる疾患です。

決して「ひとごと」ではない、誰もが注意を払っておくべき症状になります。

日常生活や他の期間に悪影響がない場合は、特別な処置が必要のない場合も多いですが
生理期間中の「経血量」が増えたり、「生理痛」が1つの症状として発生することもあり
1回の生理期間が、長く続くような症状がある場合は疑う必要があります。

自覚症状がないケースも多いですが、生理不順や月経困難症につながることもあり
また、不妊症の原因になることも多く、重篤な場合は治療が必要になります。

量・大きさ共に症状の差は大きいですが、1つできてしまうと複数できてしまう人が多いものです。

できる場所によっても影響が変わる症状

子宮筋腫の際に発生する腫瘍は、「良性」ではありますが
「子宮が正常に機能する妨げになる」等、様々な弊害を生みます。

「痛み」を感じることもあり、また特に経血の増加が目立つ症状です。

  • 発生する場所(患部)
  • 発生している範囲
  • 発生している数・大きさ

これらの要因は、様々なパターンが考えられ
その組み合わせによって、発生する・感じる症状も違ってきます。

子宮筋腫は発症する「患部」によって名称が分けられており、特に症状の違いが出る要素でもあります。

漿膜下筋腫(子宮の外側)

子宮の外側にできる筋腫であり、子宮機能というよりは腸等の周辺組織に影響を与え
尿意・便意を感じやすくなる等の症状が現れます。

自覚症状が少ない傾向がありますが、腸や膀胱といった
他の機関にも影響を与えることが多く、便秘や頻尿などの症状が出ます。

粘膜下筋腫(子宮内側)

子宮の内側に出来る筋腫であり、少ない数であっても症状を感じやすいものです。

妊娠機能に悪影響を与えるなど、放置することでトラブルが多くなります。

当然、不妊の要因の1つにもなりえます。

筋層内筋腫(子宮壁の筋肉の中)

子宮壁の筋肉の中に出来る筋腫であり、特に痛みを感じることが多いです。

大きい腫瘍の場合、子宮の形を変形させてしまう場合があり
貧血・出血等の症状が見られることもあります。

また経血の量も増える傾向があり、不正出血や経血の増量を最も招く症状です。

「子宮筋腫」の治療

子宮筋腫に対する治療は、意外にも「経過を見守る」ことが中心となります。

決して珍しい病気ではなく、特別な治療をする必要がないことがほとんどですが
「月経困難症」といった、「重い生理」の原因であることも考えられます。

違和感がある方は、1度検査をしてもらうのをお勧めします。

腫瘍と言っても「良性」のため、直ちに重篤な症状に陥るわけでなく
痛みや症状がない場合は、「超音波検査」による経過の観察が主になります。

月経の症状が重かったり痛みを訴えている場合は、ピルを服用して月経・血量をコントロールします。

重篤な場合や体調・日常生活に影響する場合などは、外科手術で取り除くことになります。

「100%ならない」という人のいない、誰もがリスクを持っている症状ですが
大きくなることによって確実に実害のリスクは膨らんでいくため
一度発生してしまうと、定期的な検査が不可欠になります。

早期発見が鍵に

「筋腫を持ったまま」という女性は珍しくありません。

しかし、あまりにも巨大・広範囲・多数おいった場合は
外科手術によって、取り除かなければならないこともあり
最悪の場合は「子宮全摘出」といった処置がとられる場合もあります。

子宮筋腫は、発見が遅くなる・悪化したまま放っておくことで
将来的に妊娠するための機能にも、問題が現れることになります。

女性としては大変つらいものであり、やはり「ひとごと」と考えないことが必要です。

タイトルとURLをコピーしました