太っていると妊娠しづらいの?

妊活のためにできること

「太っているから妊娠しにくい」ということは、イマイチ想像しづらく
「肥満」と「不妊」は、あまり結びつかなそうな印象を受けますが・・・

「過剰に太っている」ことは「妊活」にとって、明らかにマイナスであり
不妊を招いている、根本原因である可能性も十分に考えられます。

一見、栄養状態が良好に見える「太っている方」が妊娠しやすいように思えますが
脂肪(脂肪細胞)が「多すぎる」ことは、「排卵」の環境にとってマイナス要因であることが分かっています。

肥満が招く最も大きな不妊要因としては、卵巣に関わる疾患である「多嚢胞性卵巣症候群」があり
この疾患に関しても「排卵障害」の症状が含まれます。

また「ホルモン分泌」に関しても肥満の女性は崩れやすいため、「排卵障害」に結びつくことになります。

「妊娠後」により多くのリスクが降りかかる

もし肥満の状態のまま妊娠することができたとしても、妊娠中のリスクが高いことには変わりなく
妊娠した時点ですでに、「リスクが降りかかっている」状態でもあります。

肥満体型の妊婦はあらゆるリスクが高くなるため、諸外国では”受け入れない”病院もあるようです。

これは「ブラックジョーク」ではありません。

代表的なものだけでも、

  • 「妊娠中毒(妊娠高血圧症候群)」のリスクの上昇
  • 「妊娠老尿病」のリスクの上昇
  • 早産のリスクの上昇
  • 胎児の疾患の上昇
  • 産道が狭くなる

「標準体型」に比べ、太っているだけで様々なリスクが上昇します。

また、「肥満女性から生まれた赤ちゃんは病気になりやすい」ということは
特定のデータ・角度から見れば確かなことであり、いずれにしても「体調」だけでなく
「体重」を整えてから、妊活・不妊治療を始めることが推奨されます。

というよりも、肥満体型の女性が「不妊クリニック」を訪れた際には
「痩せてから来なさい(始めましょう)」となることも多いようです。

”痩せすぎ”もダメ!

過剰に痩せいていること、「過度な痩身」も妊活・妊娠に対してマイナスの影響を与えます。

肥満が「生理」「排卵」に与える悪影響は大きなものですが
”痩せすぎ”の場合には、より大きな悪影響を与えることも多く
「妊娠~出産」の過程においてのリスクも、もちろん高まっています。

妊活の前に「健康」

もちろん「普通」より太っていても、痩せていても、問題なく妊娠・出産しているカップルはあります。

しかし少なくとも「正常」の体型の状態に比べ、「妊娠確率」は確実に低くなっている状態です。

そして「妊娠」は、確率が大きく関わる「究極の現象」です。

大切なことは「妊娠前」に痩せるということです。

なぜなら「妊娠後」のダイエットは大変危険であり、実際に困難であるためです。

「肥満の解消」は、健康的な妊娠のために欠かせない準備に含まれます。

タイトルとURLをコピーしました