「多嚢胞性卵巣症候群」でも自然妊娠できるようにするために体質を改善していく

妊活のためにできること

女性不妊の原因となる、卵巣に関わるトラブルの中に

「多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)」

と呼ばれるものがあります。

難しい名称ではありますが、決して珍しいものではなく
この症状と戦いながら、妊娠を目指しているカップルの方々もいるはずです。

症状としては、卵子の排出(排卵)がスムーズに行われなくなり
卵胞(卵子を包んでいる組織)が卵巣内に溜まってしまっている状態です。

「生理」にも大きく影響し、生理不順を引き起こすだけでなく
排卵がうまくいかないため「タイミング法」をはじめとした
妊活に非常に大きな悪影響を与えてしまうことになります。

妊活中のカップルにとっては、非常に大きな問題の1つです。

多嚢胞性卵巣症候群の原因

「多嚢胞性卵巣症候群」は、卵巣の表面が厚くなっていることが原因であり
ホルモンの環境、特に”インスリン分泌”に関わる機能が大きく関わっていると考えられています。

何故起きてしまうかは「原因不明」であり、根本的な対策は難しいと言えます。

つまり、誰にでも起こり得る症状ということになります。

ただし「肥満」が1つの原因でもある考えられ、またこの疾患によっても
太りやすくなることから、「体脂肪」を意識しておくことも大切です。

ほとんどが「一過性」であり、改善することが可能ですが
その器官が長いことによって卵胞が詰まり、排卵がうまくいかなくなる傾向が強まります。

なるべく早めに発見して、改善を目指す必要があります。

「月経不順」や、感じたことがない「生理痛」を感じることがあれば疑ってみる必要があります。

多嚢胞性卵巣症候群の克服

この症状は「予防」ということよりも、起きてしまった場合に
どう改善・克服していくかということが重要になります。

「インスリン環境」が関わっていることから、「ブドウ糖濃度」との関連性が高いとされ
高血糖患者に施すものに、近い治療を受けることになります。

また”巡り”が滞っている状態であるため、”代謝”を向上させていくことが大切になります。

日常的にできるケア

また近年、高血糖に有効ざあると考えられる成分に
「ピニトール」という栄養素があり、多嚢胞性卵巣症候群にも効果が見られるとされています。

この「ピニトール」は「植物性インスリン」とも呼ばれており
血糖値・糖尿病の改善に効果があるとされ、高血糖対策のサプリに配合されていることが多いですが
血糖値とインスリンが関わっていることから、ピニトール配合サプリは有効であると考えられます。

妊娠を望んでいる場合

出来ることであれば、完治してからの妊活が望ましいですが
「排卵誘導剤」を使用して、妊活ができる環境を整えるケースもあります。

「妊娠できないのでは?」という心配は不要であり、しっかりと改善してから
また治療を受けながら、タイミング法を実施していくことによって
”人工的でない”妊娠も十分に可能であるため、悲観する必要はありません。

タイトルとURLをコピーしました