「AMH」が基準値よりも低いと自然妊娠できないの?

妊活のためにできること

「卵子(となる細胞)の量」は、すでに決まっており
日に日に減る一方であり、どれだけ減る・減っていくかによって
妊娠の「確率」が変わることは、広く知られています。

しかしながら、卵子となる細胞は目に見えないものであり
その程度残っているか、を自分で判断することができません。

これから先「受精卵」となれる可能性の卵子が、どの程度まだ体の中に存在するのか
それを知るためには、”専門”の検査を受ける必要があります。
そして、その検査から測定した「AMH(アンチミューラリアホルモン)」と呼ばれる
体内分泌物質の数値から、おおよその量を予想することになります。

「AMH(アンチミューラリアホルモン)」とは

「AMH」とは、発育(分裂)過程にある卵胞細胞が
分泌している特定のホルモンの名称であり、この分泌量によって
”あとどのくらい残っているのか?”ということが、判断できます。

もちろん成熟段階によってその強さ(波形・数字)が違うため、確実な判断材料ではありませんが
医学の進歩と共に、その”シグナル”の質・量も見分けられるようになりました。

しかしながら、このAMH値は非常に個人差が大きなものであり
たとえ元気であっても、ほとんどシグナルを出さない卵胞細胞もあり
また、30代の平均が「3~6」といったように
比較的レンジの広いものでああり、わずかな年齢の違いでも異なります。

そのため人と比べるのではなく”自分”と比べ、その数字の変化・変遷を注視する必要があります。

「AMH」の数値を上げたり「プロラクチン」の数値を下げる効果のある妊活サプリはあるの?
妊活の話題においては、 「葉酸を欠かしてはいけない!」 「マカがいい!」 といった、体に取り入れるべき成分に関するものをはじめ 「排卵日の前がいい、後がいい」といった、ノウハウ的なものも目立ちます。 もちろん、どれ...

基本的に年齢に比例するもの

そして、この検査の正確さが増した結果として
卵子の量・質共に「年齢と比例する」ということが証明されました。

「<年齢>以上のシグナルはない」ということです。

またこの「AMH」の数字に関して、注意しなければならないこととして
この数字が低いからといって、妊娠することができないわけではありません。

「成熟した受精卵」が残っていれば、妊娠は可能です。

しかしながら、やはり「数値が低い」ということは
「早くしなければならない」という、裏付けでもあります。

高過ぎてもダメなもの

「AMH」の数値は、「高ければ高いほどよい」と考えがちですが
実際には極度に高い場合、問題が発生していると考えられます。

その主な要因として、
「多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)」があり
順番通りの順調な排卵ができず、「不完全な受精卵」が溜まり過ぎてしまい
「AMH」のシグナルが増幅されているという状態です。

気になったら検査だけは早めに受けてみるべき

この「AMH」の値を知るための検査は、簡単な血液検査であり
専門のクリニックで、いつでも受けることができます。

意外にも気軽に受けている人は多く、
6,000~10,000円が、おおよその相場になります。

極端に高額ではありませんが「保険適用外」の検査であり
繰り返し行う場合は、負担となってしまうことは確かです。

しかしながら、「AMH以外」の

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

といった、女性ホルモン等の値も知ることができ
今後妊娠を望んでいる場合には、有意義な検査に違いなく
早い段階で、一度は受けておくべきと言えます。

タイトルとURLをコピーしました