卵子の老化を防ぐためにできる改善策

妊活のためにできること

男性側の「精子」は、常に製造されており
「基本的には」いつでも放出出来る状態にある一方
女性側の「卵子」は、月に一度しか排出(排卵)されず
何よりも「数が限られている」ことが、最も大きな違いになります。

「生涯で排卵出来る卵子の数は決まっている」

という話を、聞いたことがある人は多いと思います。

女性は母親のおなかにいる時から、”卵子の素となる細胞(以下、卵細胞)”を持っています。

そして生まれた後からは、その「卵細胞」の「減少」と<劣化>が始まるのです。

「受精のチャンス」が訪れるタイミングまでに、
”いかに劣化させない(減らさない)か”」が重要な考え方になります。

「卵子の素」を”健康なまま”成長させる

女性にとって、妊娠のチャンスは月に1度しがないため
「たくさんあっても意味がない」と、考えてしまう方もいるかもしれません。

しかし、実際には劣化することによって”元気(正常)な卵子が足りなくなる”ということが現実です。

生まれた時に何個の「(原子)卵細胞」を持っているのか、という「数」に関しては意見が分かれますが
実際に排卵する回数よりは、はるかに多い量を持っていることは事実です。

排出される卵子は月に1つだけですが、その「候補」はいくつも存在しており
その中の<ほどよく熟成した>ものの中から、ランダムに選ばれることになります。

選ばれた中から、更に選ばれた卵子が排出されるのです。

「最初からある」からこそ

例として、15歳で初潮・45歳で閉経と考えると
実際に排卵される卵子は、単純計算で「360個」となります。

しかし「受精能力」を持たないもの(回)もあり
その全て・毎回がチャンスというわけではありません。

そして、この「選ばれる候補」である「卵細胞」は年をとるごとに少なくなっていきます。

また「時期」を考え、複数回に分けて排卵することになりますが
当然「最後の方」は「熟成」が進んでしまっていることになります。

「高齢妊娠」にあたる年齢というのは、”熟成しずぎた”ために劣化・変質のリスクが高くなります。

検査を受けたことがある女性はご存知かと思いますが、「FSH値」や
「AMH値」といった(性)ホルモンの量で、卵子の量・質を数値化・推測することもあります。

「初期設定」「参考値」が決められているものであり
ある意味で「どの程度弱くなったか」を確認するものです。

改めて”いかに劣化させないか”が、高齢妊娠を中心とした妊活における重要課題になります。

体全体の「アンチエイジング」が大切

基本的には「冷え性」を改善することが、「女性機能」にとって最も有効な改善策になります。

冷えによる「血流の悪化」は、卵細胞の劣化要因の1つです。

そして、どれとはまた別のアプローチ要素として「アンチエイジング」があります。

アンチエイジングは、「若々しさを保つ」ことをコンセプトした「美容」の要素が大きなものになりますが
実際には「活性酸素」から体を守ることによって、細胞の劣化を防ぐことこそがその本質です。

細胞の劣化の「究極の1つのカタチ」が「卵細胞の劣化」になります。

卵子は、毎日劣化していき、失い続けています。

これは避けられないことでもありますが、<スピードを抑える>ことは可能です。

もちろん男性も”できるだけ早く”にこしたことはない

女性は「子供を作ろうとしている」時期の、はるか以前から、「卵子の素」を持っているのに比べて
”常に”精子が作られている男性は、その質を「すぐに改善できる」と思ってしまいがちです。

もちろん、卵子と違い「向上しやすい」というケースも多いです。

しかりながら、今日改善を始めて1週間程度で改善することはなく
できることであれば、妊活を始める「半年前」から改善に向けた働きかけをしていくことが望ましいです。

タイトルとURLをコピーしました