【世界初!】独自の妊活成分を配合の新しい妊活アイテム「umulin-ウムリン-」

「ウムリン」という成分に関してご存じの方は、おそらく一般的には少ないかと思われます。

「妊活中」のカップルで、様々な知識を取り入れようとしている方は
もしかしたら、耳にしたことがあるかもしれない
”世界初のコンセプト”」を持った、且つ実際に「超有効成分」にと言える存在になります。

と、大げさに表現はしまいしたが・・・ウムリンとは「梅」から抽出した成分です。

妊活以外の面でも、主に「アンチエイジング」に効果があるとして
昨今、様々なメディアに取り上げられ始めた成分になりますが
「妊活(妊娠)」に対して、非常に大きな効果があることが特に今注目されています。

世界初のコンセプト成分ということだけでなく、”独自成分”でもあり
ウムリンを配合したアイテムである「umulin-ウムリン-」に関しても
今までにはなかった、新しい妊活アイテムでると言えます。

「umulin-ウムリン-」は、”サプリ”というよりも「梅酢」に似た形状ですが
サプリと同じく、習慣的に取り入れて利用していきます。

「たかが梅」と思われている方も多いと思いますが、忘れてはならない点として
「梅」がいいのではなく、あくまで「ウムリン」が有効だということです。

梅干から抽出した成分であることは確かであり
梅酢も配合されていることから、敬遠してしまう方もいるかもしれませんが

ウムリンには、「熱で壊れない」という特徴があり
飲み方をアレンジしやすいアイテムである点もメリットと言え
「梅が嫌い」というだけで、試さないのは非常にもったいないことです。

「umulin-ウムリン-」の公式サイトはこちら

「臨床データ」からも期待の成分

ウムリンに関して、
「何がすごくて妊活にどんな効果があるのか?」というと、
昨今の主流である、「生殖細胞の活性化」という点になります。

肉体を若返らせることで、生殖細胞を若返らせることを目的とした場合
ビタミンCを中心とした「アンチエイジング成分」の摂取が中心であり
生殖細胞に直接的に働きかけることが、主なコンセプトでした。

これらも十分に効果的と言えますが、ウムリンに関しては
梅自体に「抗酸化」という側面があることに加えて
その「ウムリン自体」に、生殖細胞の状態を向上させる働きがあります。

具体的には「顆粒膜細胞」と呼ばれる、卵子を取り巻いている細胞を
活性化させることで、卵子を活性化させることにつながることが
ウムリンを利用することによる、最も大きな効果と言えます。

「妊娠」への効果が証明されている

そもそもウムリンが生まれたきっかけとしては、
「鳥に良質な卵を産ませる」ことを目的とした「餌の工夫」でした。

梅から抽出した成分を、鶏に与えていたところ
生む卵の「量」も「質」も、劇的に上昇したことが研究機関の目に留まり
「人間」にも、応用できるのではないか?ということで
より効果的な物質の抽出方法が開発され、その成分こそがウムリンになります。

梅酢の抽出方法に一手間・二手間加えた、
今までにない抽出方法で生成されたウムリンは
当初の考え通りに、実際に「ヒトの妊娠」に対しても
非常に大きな結果を生み出す、ということが判明しています。

臨床データは、「レディースクリニック」で行われており
正確な臨床実験が素となっている、貴重なアイテムと言えます。

しっかりと「嬉しい声」が聞こえているアイテム

ウムリンを開発しているメーカーは、様々なカタチで利用者のカップルからの
口コミ・意見、そして何より結果についてのリサーチに力を入れています。

「妊娠できた!」という意見はもちろん、卵の質の向上に加えて

「排卵サイクル」の改善が見られたといった、貴重な意見も多く見られます。

特に「30代」や「高齢出産」にあたる女性からも、好評を受けています。

その特徴から、対象は主に女性となってしまいますが
卵子に関わる問題を方を中心に、結果を伴った嬉しい声が目立つアイテムです。

「umulin-ウムリン-」の公式ホームページを見てみる

焦らないために”習慣”として”当たり前”に始めたい妊活ケア

パートナーと出会い

結婚して

自然と子供ができる

そんな人生を思い描いていた方も多いと思います。

しかし、なんとなく実現できると思っていたことが難しいことが分かり
「不妊症」や「不妊治療」という言葉が、現実的になってきた時その
瞬間の「不安」や「絶望感」といった感情は、”そうなって”みなければなかなか分からないことです。

現在ではカップルの7組に1組が、何らかの不妊の要素抱えていると言われており
その中には、今現在妊娠を望んでいるカップルも必ず含まれています。

原因に関しては様々なケースが考えられ、また原因ですら分からないことも多く
最終的に「治療」を決意してからも、長く苦しい日々を過ごすことになるカップルも多い現実があります。

望んでいるのに妊娠できない苦しみというのは、当事者にしか分からない苦しみであり
一人で悩むことも多く、悩みからくるストレスによって不妊の要素が更に高まってしまう・・・

そうといった、「悪循環」を起こすケースも非常に目立ちます。

また正しい知識がない場合には、どうしても女性側の体に「欠陥」があるのではと考えがちですが
必ずしも女性側だけが悪いことではないことを、早い段階で理解して欲しいと思います。

統計的に原因となる要素の割合は、半分・半分であり
(男性40%・女性40%・両方15%・原因不明5%)が現実です。

改めて”赤ちゃんは授りもの”という意識が大切

本気で不妊治療に取り組むためには、「なるべく早く生みたい」という気持ちよりも
なるべく早く理由を発見し、<なるべく早く対策・改善策を見つける>ということが大事です。

焦るあまり、”妊娠すること自体”が目的になってしまう方も見受けられます。

そのような心構えでは、うまくいっても・いかなくても”虚しさ”が残ってしまいます。

まずは「自分達のこと」ではなく、「新しい命のこと」を考えることから始めましょう。

まずは余裕を持った「妊活」から始めてみよう

”治療”という言葉に対し、抵抗のある人は多いと思います。

治療して子供を授かる

ということに関して、「違和感がある」というカップルも少なくはないはずです。

最近では妊娠するための準備・アプローチを「妊活」と呼び、決して仰々しいものではなく
日常生活の中からじっくり・ゆっくりと、「授かるための生活習慣」を始めることが広く浸透してきています。

実際に、心身ともに負担が少ないアプローチは
非常に大切な姿勢であり、本来は望ましい姿でもあります。

そしてその際には、「時間がかかってもいい」という考え方と同時に
「できるだけ早く始める」という姿勢・考え方が、非常に大切になってきます。

「今すぐ欲しい」ではなく、入念な準備と「計画性」が重要なのです。

「umulin-ウムリン-」と妊活習慣を始める

不妊の悩みにもおすすめの妊活サプリ「umulin-ウムリン-」の効果と口コミ
タイトルとURLをコピーしました